ウフィツィ美術館

イタリア、フィレンツェの「ウフィツィ美術館」は、イタリアが世界に誇る美術館です。
収蔵されている作品の質も量もイタリア国内最大でフィレンツェの歴史地区の1つとして認定されています。
とても広くて45もの部屋からなる美術館です。
1日ではすべて見て回ることはとても難しいです。
メディチ家が歴代コレクションしてきた美術品がたくさん収蔵されていて、イタリアルネサンスの宝庫と言われています。
2500点もの展示物があり、ルネサンス時代の巨匠の作品を中心とした絵画が展示してあります。
美術館の1室にはカフェがあり、テラスからの景色もいいです。
<開館情報>
・火曜日から日曜日まで開館。
(月曜日と1月1日と5月1日と12月25日は休館)。
・8時15分から18時50分まで開館(16時45分が最終入館)。
・入館料は1人6.5ユーロ。
<予約情報>
人気の美術館なので、当日券を買うにはかなり並ばなければなりません。
事前予約がおすすめです。
予約は電話、インターネットで行うことができます。
しかし公式サイトからの予約だと英語が読めなければいけませんし、電話の場合にはイタリア語か英語を話す必要がありますし、時差を考えて電話しなければいけません。
そのため予約は旅行会社を通すか、予約代行業者などに頼むといいと思います。
その場合、手数料がかかります。
<展示されている主な作品>
・ボッティチェッリの「ヴィーナスの誕生」、「春」。
・レオナルドダヴィンチの「受胎告知」。
・ミケランジェロの「聖家族」。
・ラファエロの「ひわの聖母」。
・カラバッジョの「バッカス」。
・チマブーエの「マエスタ」。