リニアモーターカーと政治

未来の鉄道と注目されているリニアモーターカーですが、その路線をどこに作るかは非常にデリケートな問題です。
多くの自治体が自分のところにリニアモーターカーを誘致したいと考えていますが、立地条件や経済的な問題でいくつもの制約があります。
ただ、現在のリニアモーターカーはJR東海が企業として商業化することを計画しているもので、国が直接関与しているわけではありません。
具体的な路線の位置や駅の位置を決めるのはJR東海ですから、県知事などが政治的な場でリニアモーターカーの誘致を訴える場面もあります。
未来の鉄道を一企業に任せてしまうことへの懸念を指摘している人もいますが、現在の国の予算ではリニアモーターカーの計画を率先していくだけの力がありません。
工事費は膨大であり、それを如何に短期間で回収できるかは企業にとって死活問題となります。
政治的な圧力で路線を変更したり、駅を追加することは新幹線の時代までは可能でした。
しかし、リニアモーターカーにとって、乗換駅を増やすことは高速走行を阻害するものになりますから、そのメリットを大きく下げてしまいます。
利便性と収益性を考えると品川と名古屋の直通便を増やすことが望ましいでしょう。
地域経済への影響がどの程度になるかは予測できません。
しかし、これからの時代は高速鉄道の時代となることは明らかですから、国がそのビジョンを示すことも大切です。
日本をどのような国にすべきかについて多くの人が議論を交わすべきでしょう。