リニアモーターカーと経済

日本では長い路線での実用化がなされていないリニアモーターカーですが、実現するとどれくらいの経済効果があるでしょうか。
仮にリニアモーターカーが2県の都市を結んだとすると、その間の商業は活発化しますが、それ以外の地域の減少が懸念されます。
また、時間の短縮化によって新たなビジネスの展開を見込むこともできます。
自動車や鉄道よりも二酸化炭素の排出量が大きく減少することも魅力でしょう。
現在、実用化が進められているのはリニア中央新幹線です。
東京駅から名古屋までのルートです。
それぞれの沿線にある県の人口がどれくらい変動するかを予測するのは難しいかもしれませんが、まったく影響を受けないとは考えられません。
運賃が高くても時間を重要視するビジネスにおいてはリニアモーターカーの利用度合いは高まると予想されます。
時間をお金として換算することができれば、その利用価値を定式化することも可能です。
実際にはリニアモーターカーだけで出発地から目的地までを移動できるわけではなく、在来線への乗り換えが発生します。
それらの駅では経済効果が高まることでしょう。
現在の新幹線と在来線の乗り換えと同じなのです。
移動時間にゆとりができることで、仕事の進め方も変わるかもしれません。
ビジネスにおいて、人と会って話をすることは非常に重要です。
技術的にはテレビ会議も可能ですが、対面することによるビジネスの展開を無視することはできません。
未来のビジネスシーンが変わるかもしれません。