リニアモーターカーと電波

電磁波とリニアモーターカーについては、多くの人が意見を述べています。
ただ、科学的根拠が薄い意見が大半ですから、話が先に進んでいない印象を受けます。
つまり、素人が不安に感じているだけとも受け取れるのです。
JR東海や国土交通省がリニアモーターカーの電磁波を測定しています。
その結果を見る限り、人体への影響はないと言えます。
もちろん、電磁波が全くなくなるわけではなく、リニアモーターカーがないところと同じレベルになるということです。
つまり、地球上では様々な電磁波が発生しており、どこまでが影響を受けるのかわかっていないのです。
人体への影響がない電磁波のレベルはWHOなどで規定されています。
この数値以下であれば問題ないと判断するしかないでしょう。
それでも不安だと考える人は、リニアモーターカーの沿線に住むことをあきらめるべきです。
現代ではリニアモーターカーの電磁波よりも携帯電話の電磁波の方が強力です。
人体に与える影響も携帯電話を心配すべきでしょう。
電磁波が目に見えないため、不安感を強くしてしまいます。
中国では沿線の住民の不安を解消することができずに、リニアモーターカーの延長計画が中断していました。
すべての人の不安を払しょくすることはできませんが、根気よく説明を続け、住民から信頼されることが必要です。
日本のJR東海と国土交通省もそのような住民感情を十分考慮して実用化を進めなければなりません。
いずれにしてもリニアモーターカーの実用化はもうすぐです。