リニアモーターカーの情報

日本でリニアモーターカーと言えばJR東海が実用化を目指している浮上式リニアモーターカーのことです。
ただ、技術的な話に限定すれば、浮上式以外にも鉄輪式もリニアモーターカーと呼びます。
国内でも多くの地下鉄で採用されている車両です。
JR東海が実用化の計画を進めているのはリニア中央新幹線で、品川と名古屋を結ぶ路線です。
もちろん、これは将来的に日本中に広がっていくことでしょう。
ただ、現段階では計画以上のものではなく、工事の着工も行われていません。
政府や沿線地域との交渉がこれからとなります。
リニア中央新幹線の情報はたくさんのニュースとなって、私たちの知るところとなります。
JR東海が発表する度に紙面をにぎわしているのです。
情報はいい話ばかりではありません。
リニアモーターカーの必要性に疑問を投げかける意見や安全性への疑問もあります。
すべてが正しいわけではないでしょうが、国民の意見として謙虚に耳を傾けなければなりません。
原子力発電所の安全神話が崩れた現代においては、企業が掲げる安全性について信頼していない人が増えていることは事実だからです。
実用化までは10年以上もありますが、一つ一つの問題をクリアしていくことが求められています。
新しい技術にはそれを利用するための説明が必要です。
国民が納得するような説明ができなければ、実用化を阻む要因が増えていくことになります。
私たちはインターネット上の情報だけではなく、新聞やテレビなど公共の情報を総合的に判断することが大切です。