リニアモーターカーを考える

リニアモーターカーのことを考えてみましょう。
これは日本の技術が世界に誇ることができることを証明していると言えます。
超電導を利用して浮上式リニアモーターカーを世界で初めて作りました。
世界最高速度も日本が記録しています。
よく言われることですが、日本の鉄道は時間に正確です。
新幹線が大きな事故を起こしていないことも、高い安全性を証明するものとなっています。
しかしながら、リニアモーターカーの実用化は中国に先を越されてしまいました。
もちろん、中国は独自の技術ではなく他国の技術ですが、国内で商用化を実現したことはりっぱなことです。
日本では技術を持っていながら、将来へのビジョンがないため、先に進まないのが現状です。
リニアモーターカーの素晴らしい技術を一刻も早く世界に示してほしいものです。
鉄道関係者は誰でもがそう願っているでしょう。
もちろん、鉄道ファンや日本の技術者も同じ考えです。
安全性や経済性について疑問を持っている人も少なくありませんが、これまでの日本の技術を信頼する気持ちに変わりはないでしょう。
原発事故の余波が現在も続いていますが、それらはいずれ乗り越えなければなりません。
日本が世界に対抗していくためには得意の技術を活用することしか道はないのです。
多くの人の理解の元、リニアモーターカーが実用化されることを期待しています。
そして、日本のリニアモーターカーが世界を走る日も遠いことではありません。
超高速鉄道の時代が来るのです。