家庭用バリカンの構造

バリカンの構造はずっと昔から変わっていません。
山形のギザギザした刃が2枚あり、それが互いに別の方向に動くことで髪を切ります。
現在販売されている家庭用バリカンは2枚の刃を電動で振動させているだけであり、手動式のバリカンと本質的な構造は変わりません。
バリカンはアメリカから日本に入ってきたと言われており、1990年ごろから電動式が普及したと言われています。
日本人の多くは丸刈りでしたから、バリカンが至るところで活躍していたことでしょう。
バリカンの原理は庭木の剪定鋏から考案されています。
一部ずつを刈るのではなく、一度にたくさんの髪の毛を刈るために、バリカンの形ができています。
もちろん、そのようなことを知らなくても家庭用バリカンを使うことはできます。
どのようにカットされるかを理解しておけばいいのです。
家庭でヘアカットするシーンは昔の映画でも登場しています。
つまり、家族、特にお父さんやお母さんが子どもの髪を切るのは昔から当たり前となっていたのです。
それが理髪店を利用することが多くなり、子どもの時から高いカット料を支払わなければならなくなりました
その費用がもったいないと感じている人が家庭用バリカンを購入しています。
もちろん、家にバリカンを持っていれば、いつでも自分の好きな時間にカットすることができます。
カットした後はすぐにお風呂で体を洗えばいいですから、掃除も楽です。
バリカンの他にシェーバータイプのものもあります。
ひげや襟足の部分を剃るのに利用されます。