おすすめのヘッドホン続きその1

エンジニア使用のヘッドホンを使うと、もう他のイヤホンやヘッドホンでは曲が聴けなくなるくらい、素晴らしい音で、おすすめなのですが、これは、普段、電車やバスの中で聞くにはちょっともったいない感じもします。
ヘッドホンは音が良いほうがもちろん良いのでしょうが、それは使う場所や目的にも寄るでしょうね。
いろいろなモデルがありますが、自分がヘッドホンを買う前に、どんなシーンで使うのか、何を聴くのか、それをイメージすれば選びやすいのではないでしょうか。
例えば、スタジオでバンドの曲を録音するために使うヘッドホンと、通勤のときに英会話を聞くヘッドホンでは、かなり違いがありますよね。
イヤホン、ヘッドホンは、値段が高ければ良いというものでもなく、シーンに合った適切なヘッドホンやイヤホンを選ぶことをおすすめします。
それによって、ムダにお金を使うこともないと思います。
まず、ヘッドホンのタイプは、オープンと、密閉型があり、前者は音が漏れますし、後者は密閉性が強く音漏れがありません。
セミオープン型というのは、前者と後者の間と言ったものです。
カナル型イヤホンは、耳に栓をするタイプのイヤホンで、音漏れもしにくく、雑音もカットしてくれます。
従来型イヤホンは、まるで小さいスピーカーのようなイヤホンで、ごく普通のものです。
通勤や通学で音楽を聴きたいという方なら、カナル型イヤホンや、密閉型を使うことで周囲への音漏れを減らします。
これで他人の迷惑になりませんよね。
ですが、歩きながら聞くとなると、外の音が遮断されすぎて危険なものが密閉型ヘッドホンです。