イヤホンのカタログ続き

インピーダンスで、100オームまでオッケーと思っていると、使うオーディオ機器によっては、音量が期待通りに出ないことがありますので、スペックを見る機会があれば、インピーダンスはチェックしておくことをおすすめします。
カタログを見るとこのようにいろいろなことが書かれていますが、結局はユーザーの好みに合えば、すべて問題なしという単純なことでもあります。
性能が素晴らしく良いイヤホンであっても、そこから出る音で音楽を聴いて楽しくなければ、購入しないでしょう。
要するにスペックの数値はほんの参考までにしかならないということです。
カタログを見ると、イヤホンやヘッドホンの特徴が書かれていると思います。
例えば、「低音を重視」とか、「ローを強調している」とか、「高音域をクリアにした」とか、そうした音質のことも書かれていますので、そのあたりは自分の好みに合うのか目を通しておくことをおすすめします。
また、購入の際は差込みプラグが使いたい機器に合っているのか確認しておきましょう。
ヘッドホンやイヤホンの差込ですが、イヤホンの場合、ほとんどがミニプラグですよね。
ミニプラグとは、ポータブルプレイヤーの標準となっている小さいプラグのことです。
それに対して、ステレオ標準プラグというものもあります。
ヘッドホンタイプはこちらの標準プラグが多いですよね。
購入する際は、プラグのタイプを間違えないようにしましょう。
合わない場合は、ミニプラグから標準プラグへ、反対に、標準プラグからミニプラグへと、変換プラグも購入する必要があります。
この変換プラグはあると便利なので、それぞれ持っておくことをおすすめします。