ヘッドホンの試聴続きその1

外でヘッドホンを使う方には見た目も大事ですから、試聴している自分の姿をチェックできるように、鏡も持参して行きましょう。
端から端まですべてのヘッドホンを試聴することも大変でしょうから、事前に、自分が気に入りそうな音質を出すヘッドホンの候補を決めておくこともおすすめします。
現在ではインターネットでいくらでも情報が手に入りますから、事前に調べておきましょう。
そして、何種類か候補のヘッドホンを選んでおいて、試聴ではそれらを比べられると良いですね。
また、普段、自分が使っているイヤホン、ヘッドホンと比べてどのような違いがあるのかもチェックしたいですね。
商品のラインナップが多い電気屋さんなどは、試聴できる商品が多すぎて、あっという間に時間が経ってしまいますから、自分の好みではないタイプのヘッドホンを試す時間がもったいないです。
候補がたくさんありすぎて、どうやって絞ったらよいのかわからなくなりそうな方は、候補のイヤホン、ヘッドホンのなかで、基準となる商品を決めましょう。
基準とするヘッドホンの高音、低音、フラットさなどをラインとして、それよりもドンシャリ感が高いヘッドホン、それよりもフラットなヘッドホンというふうに区別していくことをおすすめします。
迷ったら、最後は店員さんにアドバイスを求めると良いですね。
候補を数点に絞り込めたら、予算や、普段、使うシーンや、好みのジャンル、音質などを話して、アドバイスをもらいましょう。