大切な友人でもある恋人

恋人とは共通のコミュニティがあって共通の友人がいること私の理想だ。あまり賛同は得られないけれども。
お互いの繋がる要素が「恋人」しかないのが私は嫌なのだ。といっても何から何まで繋がっていたい、という意味でもない。友人と仲良くなって楽しい思い出を作る、その延長線上に恋人があってほしい。というのが私の理想なのだ。
2人でいるとき以外の相手の姿をお互いが知らない。2人でいるときの相手の姿はお互いしか知らない。それも素敵な付き合いだと思う。2人の時間だけを2人が共有する。しかし私はそんな恋人との特別感にあまり憧れない。
2人で過ごした時以外での共通の思い出があるのが良い。「あの時楽しかったよね」が2人だけの秘密ではなく、友人とも恋人とも同じように共有できる思い出であることに私は幸せを感じる。つまり恋人である前に、大切な友人であってほしいのだ。
自分だけでなく友人の場合もそうだ。両方が私の友人で、付き合っている2人をどちらも応援できるのがとてもうれしい。