せどり初心者の方へ続きその2

せどりとしてビジネスを回すためには、モチベーションも大事ですから、精神的ダメージを受ければ、次の商材を探す意欲もなくなります。
成功例をなるべく多く作って、自信をつけて前に進んでほしいと思います。
初心者でしたら、利益は低くても良いですから、常に利益が出ている、赤字ではない、程度で十分でしょう。
大きく儲けられたら、ラッキー程度に考えると気が楽ですから、初心者のスタンスとしてはおすすめです。
当たり前の話ですが、せどりの教材を読んでも実践してみないとわからないことはたくさんあります。
教材どおりの商材を売っていれば、儲かるのなら、日本中の方がせどりで儲けているでしょう。
ライバルがたくさんいる中、せどりとして成功できるまでになるには、地道なリサーチや、経験が必要です。
私が以前、商材を仕入れていた問屋さんがありまして、そこはアウトレットのファッション小物を扱っていました。
特に大もうけできるような商材を持っている問屋さんではありませんが、私はそこから帽子や、スカーフなどを仕入れ、1個あたり500円くらいの儲けを出して、地道にせどり商売を続けていたのです。
長くお付き合いしていたある日、化粧品のサンプルセットを大量に譲っていただきました。
それが私のせどりビジネスの定番商品となり、必ず1個あたり1000円の儲けを出せるようなったのです。
このような事例もありますので、せどり教材など、電脳教材でリサーチなどをすることも良いですが、実践で勉強になることもたくさんありますから、まずはやってみることもおすすめです。