せどり商材を探す続きその2

売れる商品というものは、周囲にたくさんありますので、どこに目をつけるか、どこから情報を得るか、アンテナを張り巡らせていれば、自然と的確な商材を発見できるはずです。
主婦仲間の会話にもヒントがあるでしょうし、子供が集めているものや、はまっているものにもヒントはあります。
飲み会や、ちょっとしたお茶会でも、何か商材のヒントになる話が出るかもしれません。
せどりを成功させたいなら、とにかくアンテナを張り、情報を得て、リサーチすることは続けて行きましょう。
ずっと定番の同じ商品が、永遠に売れるということもありませんから、常に次の商材を考えることをおすすめします。
私が以前、見つけた商材は、工場見学などでもらえるノベルティグッズでした。
某工場を見学すると、トミカのミニカー、それも、非売品がもらえるらしく、そこでしかもらえないミニカーなので、必然的にプレミアがつきました。
工場見学で記念品がもらえるということも、ママたちとの何気ない会話で知ったのです。
学校の工場見学で子供が全員、ミニカーをもらってきましたが、女子など興味がない方は他人にあげてしまったり、捨ててしまったりしたそうです。
こうしたところにも、せどり商材が眠っているという事例ですし、日々の暮らしの中、何気ない会話でもビジネスに繋がるチャンスがあるとうことですね。
教材などを購入して、情報収集をすることも良いですが、身近にせどりの教材となる会話は溢れているもので、常にチェックすることをおすすめします。