わきがと健康保険

わきがの治療では健康保険が適用されないと言うことになっていますが、一定の条件を満たすと保険を使用することができます。
保険を使わないですべて自己負担だと20万から30万円かかりますが、保険を使うことができれば5万円と大きな差が出ます。
できることなら保険を使いたいところです。
具体的にどのような場合に保険が適用されるのでしょうか。
まずひとつは治療を受けようとしている病院が健康保険の診療を行っていることです。
一般的な美容外科は健康保険の適用外となっています。
また、わきがの手術に関しては保険の適用ができない病院もあります。
保険を適用するかどうかは病院で決めることができます。
費用的に採算が合わないと言われており、病院側としてはあまりメリットがありません。
しかし、患者にとっては大きなメリットですから、保険適用を宣伝している病院も出て聞きました。
これによって集客効果があるからです。
わきががひどい場合は保険の適用を受けることができます。
ただ、定量的にわきがの症状を測定することができませんから、医師の主観によって適用の可否が決められています。
そして最後は保険適用の手術方法であることです。
この手術とは剪除法です。
皮膚を切開して裏返しして、ワキガの元であるアポクリン腺を切除します。
このような手続きを経て、健康保険が適用されます。
かなりハードルは高いと言えるでしょう。
保険の適用を受けなくてもわきが手術をしたいと思っている人は少なくありません。
全面的に保険が適用されれば、もっと多くの女性がわきが手術を考えるでしょう。