わきがと汗腺

わきがが気になる人にとっては大きな悩みです。
ただ、どの程度のわきがなら許容できるのは人によってかなり差があるため、明確な疾患として認識されることはほとんどありません。
わきがの直接の原因はワキの下にあるアポクリン腺から分泌される汗が原因です。
ただ、アポクリン腺そのものは無臭であり、ワキに存在している雑菌の影響で強い臭いとなるのです。
一方、運動をした時にかく汗はエクリン腺と呼ばれる汗腺から出る汗です。
汗自体に臭いがあると考えられていますが、これはわきがとは異なります。
若い女性たちが気にしている臭いはこれらの汗腺が混同されており、わきがの定義があいまいになる理由ともなっています。
わきが治療では汗腺を除去するか、熱処理をして機能を失くしてしまう処理が行われています。
緊張した時にワキの下に汗をかくことがありますが、これは人間の機能として必要なことと考えられています。
一般的な汗は体温調節のために必要なものだからです。
汗腺を取り除くことでわきがの発生を抑えることが可能です。
細胞が機能していないのですから、再発もあり得ません。
治療後に再発するとすれば、除去が不十分だったと言うことでしょう。
最近は切開をせずに超音波やマイクロ波を使用して、細胞を破壊する方法が人気です。
ワキの下の傷跡を気にする女性が多いからです。
切開手術をしたとしても、傷跡は数ミリの筋に過ぎません。
汗をかく季節には余計に気になるわきがです。