わきがと食事

わきが治療が注目されていますが、治療の前に知っておくべきことがあります。
それは食事です。
わきがと食生活について考えてみましょう。
肉類をたくさん食べる欧米人は体臭がきついと言われています。
つまり、動物性たんぱく質が体臭の原因の一つと考えていいのでしょう。
日本人は以前までは肉類ではなく魚をメインとして食べてきました。
しかし、近年においては欧米同様の肉食となっています。
このことがわきがと関連があると考えても不自然ではありません。
わきが体質とはアポクリン腺の数が多い人のことであり、これは遺伝によって決まりますから、食生活とは直接の関係はありません。
ただ、中高年よりも若い世代の人の方がアポクリン腺の大きさが大きくなっていると言う研究結果もあります。
動物性の脂肪やたんぱく質がアポクリン腺を大きくしているのかもしれません。
わきがに限らず、体臭がきつい人は汗が酸化していると考えられています。
食事の内容によって酸化作用が高まることもあります。
食事の内容がアルカリ性か酸性のどちらが強いかは重要です。
あなたの食生活を見直してみましょう。
酸性が強ければ、アルカリ性の食事を摂るようしてはどうでしょうか。
動物性の脂肪を控えることで健康にもつながります。
梅干しを食べると殺菌作用もありますし、体臭予防につながることがわかっています。
わきがの治療は行うとしても、体臭対策をしておくことが必要ではないでしょうか。
自分の体臭を自分で気づくことは難しいですが、わきが体質だと思っているなら体臭もきついと考えてください。