不妊治療での失敗続き

不妊治療は、カップルでケアしあうことも大切ですし、専門クリニックで診てもらうようにするとか、精神衛生上も良いと思える選択をして欲しいです。
次の方は、二人目のお子さんがなかなか出来ないということで産婦人科を受診されたそうです。
「1人目を出産後、生理が一年半も来なかったあと、再開しました。
ですが、生理が不定期になってしまい、産婦人科で受診しました。
そこでは、不妊傾向であると伝えられ、どうやら、脳からホルモンが分泌の指令がされていないということでした。
その後、2人目を妊娠したいという気持ちから、ホルモン剤を飲むことになりました。
ですが、その副作用で、体調の悪い日が続き、とうとう通院することをやめました。
その数か月後に、妊娠したようなのですが、上手く育たず、流産する結果となってしまったのです。
別の産婦人科で流産の手術を受けたのですが、「妊娠できない体ではない」と言われて、前の病院の診断結果と違ったことに驚きました。
このことから、信頼できる病院や先生を探すことが第一なのだと身に染みました。」
このような口コミでわかることは、受診した先生の言うことがすべてではないということです。
不信感があったり、強引だったりして、ちょっとでも不安に感じたらクリニックを別に探してみるべきでしょう。
この方のように、今のタイミングで強く妊娠を望むわけでもないのにホルモン剤を飲むことになってしまい、結果、流産という残念な結果になりました。
不妊治療はとてもデリケートなものですので、信頼のおける専門家に任せたいですね。