家の売却の問題

離婚に伴う家の売却の相談が増えています。
家を購入する時に夫婦の共有財産としている場合が多く、離婚によって共有財産の処理が問題となるのです。
家を売却することに双方が同意すれば問題はありませんが、ほとんどの場合、一方が売却に反対しています。
売却してしまうと住む家がなくなってしまうのですから、当然のことでしょう。
夫が家を出て行って、子どもと妻が家に残るケースでは、ローンの残りを夫が慰謝料代わりに払うケースが多いようですが、離婚の原因となった借金があれば、いずれ支払いが滞ってしまうでしょう。
競売などの事態になる前に、弁護士に相談すべきでしょう。
双方が話し合いによって解決することなら、それが一番の解決策です。
お互いが離婚で感情的になっていますから、家の売却はさらに問題を大きくします。
人が生活していくためには家が必要ですし、長い間住んでいる家ですから、愛着もあるでしょう。
ただ、売却に至った理由を夫婦で確認し合うことが大切です。
もっとも、話し合いができないことが多いため、弁護士を間に立てることになります。
家庭が崩壊すると家も崩壊してしまうのでしょう。
あなたが同じような状況になっているなら、インターネットで情報を収集してから弁護士に相談しましょう。
個人レベルで解決できる問題ではありません。
家の売却は高額になるからです。
いずれにしても放置しておくことは状況が悪化するだけですから、早めの解決を目指すことを忘れないでください。