レイコップとは

レイコップという、お布団専用の掃除機をみなさんはご存知でしょうか?
口コミで評価が広まっていますので、ご存知の方もいらっしゃるでしょし、もう実際にレイコップを使っているという方もいらっしゃると思います。
もともとは、韓国人の医師が開発した機械で、人々をダニの被害から守りたいという気持ちで作られたそうです。
現在では、世界中で販売されていて、日本でも口コミで広がっていますし、その評価も高いです。
最初、韓国で販売を始めた当時は、レイコップの操作がむずかしく、ユーザー受けが良くなかったようですが、その後、改良を重ねて、ユーザーの満足度を高めることで現在の形になり、評価も上がったそうです。
そして、レイコップは2012年2月に日本へ参入しました。
最初は、テレビの通販番組などで販売し、その口コミが広がり、現在では家電店などでも販売されるようになってきました。
近年、掃除機のラインナップの中では、ダイソンのサイクロン掃除機が有名ですし、アイロボットのルンバというロボット掃除機も有名ですよね。
このように海外の製品でも日本でヒットする例は多く、日本の消費者の間では、ネットなどの口コミでよいものがどんどん広っていきますから、このレイコップも同じように人気が出ています。
レイコップの特徴は、大きく分けると三つありまして、それらもユーザーから評価されているポイントとなっています。
吸引部にある専用パッドが1分間に3600回も振動しますので、布団を叩く効果と同じように、奥深くに隠れたダニをたたき出し、死骸や糞も表面まで叩きだします。