妊娠中に育毛剤を使っても大丈夫?

体質によっては、妊娠中に抜け毛が増えることがあります。
妊娠中の抜け毛の原因として考えられることは、主に2つあります。
そのひとつが、黄体ホルモンの活発化です。
プロゲステロンという黄体ホルモンが、妊娠中に過剰に分泌されることがあります。
これにより髪の毛が生えてから抜けるまでの期間が異常に短くなってしまい、抜け毛が増えてしまうのです。
もうひとつは、栄養が母体よりも赤ちゃんにいってしまうためです。
お腹の中に赤ちゃんがいると、そちらにたくさんの栄養が吸収されてしまいます。
そのため、本来髪へ行くはずの栄養が足りなくなり、髪が抜けてしまうというわけです。
どちらの場合にしろ、これはある意味自然現象であり、数ヶ月もすれば落ち着いてきます。
あまり気にしすぎるとそれがストレスとなり、さらに抜け毛を悪化させる原因にもなりかねないので注意しましょう。
もし、半年ほど経っても状態がよくならないときには、女性用育毛剤を使うことを考えてもいいでしょう。
また、妊娠中に絶対に使ってはいけない成分があります。
「ミノキシジル」と「フィナステリド」という成分が入った育毛剤は、妊娠中に決して使わないでください。
これらの成分は男性用育毛剤によく入っており、体内に吸収されると男の赤ちゃんの生殖器に異常が出る恐れがあります。
さらに、女性用育毛剤だからといってどれもが安全というわけでもありません。
できるだけ無添加のものや天然成分で作られているものを選ぶようにし、使用の際はお医者さんに相談してみることをお勧めします。