エルメスの婚約指輪続きその1

結婚後も婚約指輪を、日常生活で使いたい方でしたら、デザイン的にシンプルなものがよいでしょう。
結婚指輪と組み合わせて身につけられる婚約指輪も人気があります。
また、指輪にこだわらず、婚約の証として、ブレスレットやネックレスを贈る方もいますし、だいぶ、その形式は自由になってきています。
なかでもエルメスと言えば、有名ブランドですし、婚約指輪でも人気があります。
ご存知の方も多いでしょうが、エルメスは、アクセサリー以外でも、多くの服飾品を扱っているフランスの会社です。
エルメス社のもともとの母体は、ティエリ・エルメスという、1837年に開業された馬具工房でした。
ティエリ・エルメスの孫、3代目にあたるエミール・モーリス・エルメスが事業の多角化に成功し、今のような、ファッション部門の製品を幅広く扱うようになったのです。
ですから、エルメスのロゴは馬具のマークになっているわけです。
エルメスの婚約指輪と言えば、ダイヤモンドがひとつあしらわれている指輪が人気です。
センターには、ダイヤを支えているHのモチーフがあり、見ただけでエルメスのブランドであることがわかります。
シンプルなので、婚約指輪だけでなく、日常的に使えるデザインとなっていますし、ホワイトゴールドなのでカジュアルにもオッケーでしょう。
エルメスの指輪は、やはり、高級ブランドなので、どうしても高いイメージがありますよね。
ですが、エルメスのラインナップには、安く買える指輪もありますので、エルメスに憧れていた方は、是非、チェックしてみてくださいね。