婚約指輪について

みなさんは、婚約指輪についてどのようなイメージをお持ちでしょうか。
一般的に婚約指輪というものは、これから結婚する証として、男性が女性にプレゼントする指輪のことですよね。
プロポーズの際に、女性へ渡す方もいらっしゃいますし、プロポーズを受けてくれた後、一緒に購入する方もいらっしゃいます。
どちらが良いのかは一概には言えません。
一緒に選んで好きなブランドの指輪を買ってもらいたいという女性もいれば、男性が選んでサプライズでもらったほうが嬉しいという女性もいるでしょう。
また、カップルによって、どのタイミングで婚約指輪を買うのか、いつそれを贈るのか、また、婚約指輪は買わないのか、など、ケースバイケースで違ってくるでしょう。
人気がある婚約指輪と言えば、一般的に、ブランドものだったり、ダイヤモンドだったりしますが、誕生石も人気があります。
特にダイヤモンドなどは金額が高いですから、どの程度のものを買えばよいのか男性としては悩んでしまうところでしょう。
ですが、昔から、婚約指輪と言えば、給料の三か月分相当のダイヤモンドを贈ることが流行っていましたし、一般常識にもなっているようです。
これはブランド、ノンブランド、関係なしに、男性の給料が30万円だったら、その三倍の90万前後のダイヤを贈るということですが、最近ではそうした考えも薄れてきているようです。
この三か月分という発想ですが、もともと、デビアスというダイヤモンドの会社が広告で出したフレーズが巷に流行したものです。