婚約指輪の形

婚約指輪と言えば、定番になっているのはダイヤモンドが引き立つデザインです。
ブランドものであっても、個性的なデザインのリングより、シンプルで長く使っていても飽きがこないものが人気です。
ですが、デザインはその後、変えることが出来るようになり、宝石のリフォームも手軽になりましたよね。
昔、婚約指輪でもらった立て爪のダイヤを、その後、リフォームしたという方もいらっしゃるでしょう。
婚約指輪はブランドジュエリーのデザインであっても、一般的なものであっても、ダイヤや他の宝石や、土台の組み合わせによって、ラインナップが豊富にあります。
最近のカップルが求める婚約指輪のデザインは、ソリティア、または、メレと呼ばれているもので、シンプルなタイプに人気が集まっています。
シンプルより、ちょっと豪華さが欲しいと言う方には、パヴェ、エタニティと呼ばれているデザインもおすすめです。
デザイン中心に選ぶのか、好きなブランドの中から選ぶのか、それとも、予算が第一なのかはカップルによるでしょう。
何を優先させるのか、お2人でよく話し合ってから、指輪を探すと良いでしょう。
さて、婚約指輪のデザインでは、定番と言われているものが爪ありタイプです。
ですが、こちらのタイプは普段、家事をするなど日常生活には向かないので、普段も使いしたいという方には、爪なしタイプの婚約指輪が人気です。
リングのデザインについては、婚約指輪と言えば、定番となっているのはストレートタイプですが、S字、V字もわりと人気があり、指輪を組み合わせて使えるデザインになっているタイプも売れているようです。