スマホのバッテリーを長持ちさせる方法【省電力設定】

「省電力設定」にする事でスマホのバッテリーを長持ちさせる事が可能となります。
androidのスマホでバッテリーの消費を抑える方法ですが、「設定」アプリを起動して「画面の明るさ」「GPS機能」「Bluetooth機能」「Wi-Fi」「バックライト」「画面の向きを変える機能」「自動同期」等の各機能を省電力設定にするとかなり長持ちする事が出来るのではないかと思います。
スマホの場合、かなり画面がキレイで有るので直射日光が当たる様な外で使う場合を除けば、かなり画面の明るさを暗くしても充分にキレイに見る事が出来ます。
普段は画面を暗く設定しておいて、外の日向で使う場合だけ画面を明るくする様に設定する様にすれば良いのです。そうする事で消費電力を抑える事が出来る様になります。
また画面のバックライトを点灯しておく時間も、触っていない場合は1~2分位で消灯する様にしておけば良いでしょう。
通常は使っている時はバックライトが点いていて画面が見えていますが、使っていない時も5~10分位はライトが点きっ放しになっていて、その後に真っ暗に消えると言う様に設定されている事が多く、こうなると使っていないのにバックライト分の消費電力を使っている事になります。
触っていない時には直ぐにバックライトが消える様に設定する事でかなりの消費電力を抑える事が出来る様になります。
GPSやWi-Fi、Bluetooth等については使う時に機能をonする様にする事でかなりバッテリーを長持ちさせる事が出来る様になります。
但しいちいちこれらの設定のONとOFFを切り替えるのって面倒ですよね。
そんな時には設定支援用アプリを使う事で解決する事が出来ます。
必要に応じて複数の設定のONとOFFを切り替える事が出来るアプリが有りますので、これを使う事で使う時だけONにすると言う様な事が便利に出来る様になります。
この様に様々な設定で省電力設定にするだけでかなりバッテリーが長持ち出来る方法として有効的だと思います。