Category: 定年してから再雇用について。

定年再雇用と新人

定年後の社員を再雇用することで新人のモチベーションが下がっていると言われています。 また、再雇用の影響で若者の


定年再雇用の情報

定年再雇用に関する法律がどのような規則になっているのかについての情報はたくさんあります。 多くは再雇用される人


定年再雇用の相談

定年から65歳までは同じ会社で働くことができる再雇用の制度ができてから、会社内でもいろいろなトラブルがあるよう


定年再雇用と健康

定年になっても働きたいと考えている人が増えています。 高年齢者再雇用安定法の改正で、本人の希望で65歳まで働く


経済と定年再雇用

日本経済と高年齢者再雇用安定法の影響について考えてみましょう。 定年で退職するより再雇用することで、会社の人件


定年再雇用を理解する

働くことの意義について、いろいろな考え方があります。 仕事第一で働いてきた人にとっては、定年で退職することは、


定年再雇用の法律

高年齢者再雇用安定法が改正されて、65歳までは本人の希望により会社は再雇用しなければならなくなりました。 この


定年退職の手続き

60歳定年が一般的ですが、定年を迎えても再雇用という選択肢があります。 平成24年の改正により、65歳までの本


年齢と定年再雇用

定年になって会社を辞めるのではなく、再雇用の道があります。 これは年金支給が65歳になったため、60歳定年から


女性の定年再雇用

男女雇用機会均等法の施行によって、性別による労働条件の違いは差別に当たるとされています。 したがって、定年再雇


定年再雇用と就業規則

社会全体で高齢者が増加しています。 医療費の増加を防ぐためにも健康で働いてもらいたいと誰もが思います。 そこで


高齢者の職場

高齢者が増加することによって、社会における労働人口が変化します。 つまり、人口における高齢者の数に比例して、労


定年再雇用の流れ

定年後の身の振り方について再雇用の道が確保されたことは労働者にとってはいいことです。 ただ、実際の再雇用につい


公務員の定年再雇用

公務員にも定年があります。 30年前までは定年がありませんでしたが、「肩たたき」と呼ばれる習慣により実質的には


定年再雇用と法律

高年齢者雇用安定法が平成24年に改正されて、60歳定年後の再雇用が義務付けられました。 労働者が希望すれば、雇


高齢者と定年再雇用

高齢者と言われる年代の人でも、働きたいと言う意欲を持っている人はたくさんいます。 定年になって、いきなり年金生


定年再雇用と賃金

定年になって、これまでは退職していた人が、再雇用の権利を得ることになりました。 これが高年齢者雇用法です。 た


定年延長と再雇用

60歳定年を決めている会社がほとんどですが、再雇用制度ができたことで、60歳から65歳までの社員をどのように処


定年再雇用と給付金

定年再雇用によって仕事を確保することができたとしても、定年前の給料を同額でもらうことはありえません。 企業にと


定年再雇用とは

年金の支給年齢が引き上げられるにしたがって、定年後も仕事をしなければ暮らしていけない状況になっています。 その