Category: 安眠できる布団を通販で購入するには。

安眠できる掛け布団とは続きその2

私が重い布団をすきな理由として、冬に、ずっしりと体に乗ってくれたほうが温かさを感じることが出来るからなのですが


冷え性の方が安眠するために

みなさんは、寒い夜に安眠できていますか? 私は冷え性なので、お布団に入っても体が温まるまでに時間がかかり、冬は


理想的な布団続きその1

布団は硬さも大事ですが、実は、安眠のためには、布団の保温性、吸湿性、放湿性も大事なポイントだと言われていること


冷え性の方が安眠するために続きその1

「ムアツふとんインナーバランス」の気になるお値段は、シングルタイプで15万円ほどです。 15万円も出せないとい


理想的な布団続きその2

数字にすると、安眠のための理想的なお布団のなかの温度は33度、湿度が50パーセントとなります。 通販でも、機能


冷え性の方が安眠するために続きその2

ちなみに私はお風呂からベッドに直行することで、体が温かいうちに眠ることが出来ますが、それが出来ないときは布団の


安眠のための枕とは

みなさんは、枕にこだわっていらっしゃいますか? 安眠するためには、布団も大事ですが、首を支えている枕が重要なポ


ブリヂストンの安眠マットレス

みなさんはブリヂストンと言えば、何をイメージしますか? 真っ先に思い浮かぶことは、やはり「タイヤ」ではないでし


安眠のための枕とは続きその1

そもそも、安眠するための枕の役割って、どのようなことなのか、みなさんはご存知でしょうか? 通販を見ても、布団を


安眠のための枕とは続きその2

低すぎる枕は、一見、楽なのですが、首の曲がり具合が不自然になってしまうので、寝違えて痛みを発生させる原因になり


安眠できるシーツ選び

みなさん、安眠するために大事なことはどんなことでしょうか? 寝酒が大切という方もいらっしゃると思いますが、私が


安眠できるシーツ選び続き

ご存知のようにシーツは、綿やポリエステル、シルクなど、その素材によっても、いろいろな種類があり、機能もそれぞれ


安眠できる掛け布団とは

みなさんは、毎晩、きちんと熟睡出来ていますか? 睡眠時間が長くても、質の悪い眠りでは、からだの疲れも取れません


安眠できる掛け布団とは続きその1

昔ながらの綿素材の布団もあれば、柔らかくて軽い羽毛布団もありますし、値段も3000円前後で購入できる安価なもの


敷布団の選び方続きその2

布団に体が沈むとどうなるのか、体は自分で支えようとして、知らず知らずのうちに、それぞれの筋肉に力が入ります。


理想的な布団

みなさんは、毎日、熟睡していますか? 眠りが浅いと疲れも取れにくいですよね。


睡眠はとても大切

みなさんは、毎日、ぐっすり眠っていますか? 私たち、人間が生きていく上で、睡眠は、絶対に欠かすことができないほ


睡眠はとても大切続き

私は8時間が理想ですが、友人は「5時間で十分」という人もいますし、「人、それぞれなのかな?」と思うこともありま


敷布団の選び方

みなさんは、毎晩、ぐっすりと眠れていますか?


敷布団の選び方続きその1

通販で安眠できるお布団を買おうとしても、果たして、それが自分に合っているのかどうか、高価な買い物だけに不安にな