Category: 政治

消費税の計算

消費税がいくらかかるかは購入金額と税率から簡単に計算できます。 100円の商品であれば、5%の税率で5円が消費


消費税と社会保障

平成26年4月から消費税が増税されることになりました。 増税の理由は社会保障費のねん出です。 日本の高齢化が進


消費税の特例

消費税はすべての消費活動にかかってくる税金です。 一部対象外となる場合もありますが、原則的には非課税はありませ


非課税とは

消費税は商取引全般についてかかる税金のことですが、すべてに課税されるわけではありません。 非課税となるケースも


消費税とNISA

2014年から始まるNISAに注目が集まっています。 そして、その次には消費税増税が待っているのです。 NIS


非課税と不課税

消費税の課税対象は事業者が行なっている事業全般に亘ります。 しかし、すべてが課税対象となるわけではありません。


初心者の消費税

消費税についてよくわからないことが多いかもしれません。 一般の消費者にとっては、買い物で強制的に引かれてしまい


消費税と税金

消費税は税金の一種ですが、間接税に分類されます。 消費者が税金を払うのですが、国に納税するのは事業者だからです


消費税の手続き

消費税を申告する時に必要な手続きを紹介しましょう。 課税売上高が1,000万円を超える場合は消費税の納税義務が


消費税率

消費税率が上げられることが決まってから、増税前の駆け込み需要が増加していると言われています。 一般の日用品であ


消費税非課税の例

すべての取引に消費税がかかるわけではありません。 それでは消費税が非課税となる例を挙げてみましょう。 土地を売


消費税の考え方

消費税は間接税です。 これは納税者と税を支払う人が違うことを意味します。 つまり、消費税を払うのは私たち消費者


消費税とビジネス

消費税増税によって多くの事業者は売上げの減少を懸念しています。 しかし、消費税増税をビジネスチャンスととらえて


消費税と投資

消費税増税が投資チャンスと考えている人たちがたくさんいます。 これは消費税が5%の時に購入して10%になって売


消費税と非課税

商売を行う時にかかる税金のことを消費税と言いますが、すべての取引に消費税がかかるわけではありません。 消費税の


消費税と免税

事業を行っていると必ず消費税について考える必要が出てきます。 自分が課税対象となるか非課税となるかによって免税


消費税の区分

消費税を納税しなければならない事業者においてはすべての取引を明確に区分しておくことが大切です。 そうしなければ


消費税の対象外

消費税の対象外となる取引はたくさんあります。 インターネットで検索してみると、これらを説明しているサイトを見る


消費税の仕組み

消費税の仕組みを説明しましょう。 消費税は名前からわかるように消費した時にかかる税金です。 消費するのは目に見


消費税の申告

消費税は事業者が自分で計算して納税額を申告しなければなりません。 もちろん、他の確定申告とやり方は同じです。