Category: 文化

会津木綿の織元

現在では、洋服や小物、インテリア雑貨にしてもそうですが、それらを作るためのいろいろな生地が存在している中、会津


会津木綿のパンツ続き

当時は場所によって、同じ会津木綿でも、縞模様が決まっていたそうで、どこで作られた会津木綿だか、模様でわかったそ


会津木綿の織元続きその1

原山織物工場は、通称、「かねろく」で知られていますが、6代目の原山公助さんは、たった2軒になってしまった、会津


ロハススタイルと会津木綿

みなさんは、ロハスという言葉を聞いたことがありますか? ロハスは、健康を重視しながら、環境問題に関心の高い人の


会津木綿の織元続きその2

会津木綿の縞柄は、本当に数多くのものがありますが、実は、その昔、地域ごとに特有の柄があったそうです。 例えば、


ロハススタイルと会津木綿続きその1

今も残っている会津木綿の技術、縞や絣などの文様を織って表現する技術は素晴らしいものであり、さらに、藍染などの染


おすすめの会津木綿製品

みなさんは、会津の伝統的な織物、会津木綿をご存知でしょうか。 会津木綿というと、反物や着物ばかりをイメージする


ロハススタイルと会津木綿続きその2

会津木綿は全国的に人気がある商品なので、かねろくの担当者は、全国を回り、あちらこちらのデパートの展示会にも、出


おすすめの会津木綿製品続きその1

身近なトートバッグも、会津木綿で出来た、こんなおしゃれなものが使えたら、毎日の生活も楽しくなるでしょうね。 ま


会津木綿の製造工程

みなさんは、会津木綿という織物を見たことがありますか? 最近では「八重の桜」で、登場人物が着ているということで


おすすめの会津木綿製品続きその2

袢纏の製造元は、かねろく会津木綿で、四百年の歴史を持つ織元です。 白虎隊士、野口英世も、少年時代に、会津木綿で


会津木綿の製造工程続き

仕上がった糸は、年代モノの機場で自動的に織られていきます。 昔ながらの音を立てて、ベルトが勢いよく回ります。


会津木綿柄の折り紙

みなさんは、東北の復興のために、自分で何かしたいと思ったことはありますか? 震災当時から、現地でボランティア活


会津木綿とは

みなさんは、会津木綿というものをご存知でしょうか? 会津木綿は、四百年前から会津に伝わる木綿の織物のことです。


会津木綿柄の折り紙続き

400年の伝統がある、素晴らしい会津木綿柄で出来た折り紙が、大と小、それから、ハガキもセットになっています。


会津木綿ショップ「もめん絲」

会津にお出かけになった方はご存知でしょうが、有名な会津木綿は、伝統的な織物で現在もとても人気があります。 伊勢


会津木綿のおすすめショップ

会津木綿の始まりと言えば、1627年に加藤嘉明公が会津に移るときに、伊予松山から織物の織師を連れてきたことがス


会津木綿ショップ「もめん絲」続き

昔は、木綿自体が、とても貴重な存在であり、新しい木綿をおろすということは、特別なことだった時代です。 木綿が貴


会津木綿のおすすめショップ続き

原山織物工場は、10名以内でしたら、工場見学もできるそうですので、古い機械が会津木綿を織る様子を生でご覧いただ


会津木綿のパンツ

みなさんは、会津木綿で作られた衣類を使ったことがありますか? 米沢市簗沢にある「ギャラリーウイング」というお店